みどり財産コンサルタンツ RECRUIT - 採用サイト

MENU

社員インタビュー

AYAMI KASHINO

柏野 礼美

アシスタント
高松本社

関西学院大学教育学部卒 証券会社勤務を経て2017年入社
2級ファイナンシャル・プランニング技能士/日商簿記検定2級

お客様の信頼に
応えたくなる場所

目標

経験を通して知り得た
深い知識を学びたい

日頃コンサルタントの活動を近くで見ていて、コンサルタントの方々が経験を通して得てきた知識は驚く程の深さがあると実感します。私もファイナンシャル・プランニング技能士と日商簿記2級の資格を取得していますが、現状では資格で得た知識を十分には活用できていないように感じています。
今後は税制や金融商品などの実践的な知識を積み重ね、より専門性の高いサポートができるようになりたいと考えています。

入社前のキャリアと入社のきっかけ

「お客様からの信頼」の本当の意味に悩む

以前は大手証券会社で3年ほど個人のお客様向けの営業をしていました。数字の達成はお客様の信頼の証でもあります。目標数字を立て達成できた時はやりがいを感じていました。
しかし証券会社ではお客様にご提案をする金融商品が限られているので、自分の提案が本当にお客様のためになっているのかが次第に気になるようになったのです。そんな悩みを知人に打ち明けたところ、「こんな会社はどう?」とみどり財産コンサルタンツを紹介してくれました。当時勤めていた証券会社はもちろん、他の金融機関とも提供サービスが全く違うことにとても驚きました。
みどり財産コンサルタンツが独立経営だからこそ幅広い金融商品を取り揃え、最適な商品をご提案できることを知り転職を決意しました。

みどり財産コンサルタンツでの仕事

営業職だったからこそできるサポート

現在は営業職を離れ、アシスタントとしてコンサルタントのサポートをメインに仕事をしています。お客様の手に渡る資料が成約の決め手のひとつにもなるため、見やすさや正確性にこだわって作成しています。
また金融商品をご提案する際、契約など付随業務が発生する場合にはその手順書を作成しコンサルタントに渡しています。商談の流れをスムーズにするための配慮は、営業の経験があるからこそ。今までのスキルを活かせていると実感しています。
お客様と直接接する機会はなくなりましたが、コンサルタントの方に「柏野さんに作ってもらった資料のおかげで契約がもらえたよ!」と声をかけていただけた時は嬉しいですね。

前職との違い

情報の集積が未来の商談に活きる

現在はサポートの一環として資料の整理なども行っています。新しい金融商品が発売される際は提携業者の方々が商品理解を深めるための勉強会を開催してくださるのですが、その資料の内容を理解し、分かりやすくファイリングして必要な時すぐに取り出せるよう整理しています。
商談内容などを取りまとめたデジタルデータはもちろん、商品資料の集積もアシスタントの大切な業務だと考えています。

入社を希望される方へのメッセージ

アシスタント 柏野 が考える、会社の強み

必要な商品だけを
ご紹介するというスタンス

「売らなければならない商品があるからお客様にお会いするというスタンス」と「お客様に必要な商品があると思うからご紹介するためにお会いするというスタンス」では全く異なります。
独立経営で商品ノルマなどに縛られていないので、提案する時にお客様のことを本気で考えご提案できるのは、みどり財産コンサルタンツならではのスタイルだと考えています。

認識しておいた方がいいこと

周りの人をサポートする
縁の下の力持ち

営業職とアシスタント職の両方を経験してみて分かったことですが、自分には縁の下の力持ちのような周りの方をサポートするアシスタント職の方が向いていると思っています。
これからアシスタントを目指す方は見る人の気持ちを考えて資料作成をするなど、細やかな気遣いができる方だと良いのではないでしょうか。

柏野 礼美 は、こんなことに魅力を感じて
入社しました。

  • 幅広い金融商品ラインナップからの提案力
  • 営業経験を活かせる
  • 独立系コンサルティング会社

お気に入りアイテム

就職をした時に両親からプレゼントされたボールペン。契約書など大切な書類を書く時に使っています。