みどり財産コンサルタンツ RECRUIT - 採用サイト

MENU

社員インタビュー

HARUNA KAWAGUCHI

川口 春菜

アシスタント
東京支社

高松商業高校卒 新卒入社
2級ファイナンシャル・プランニング技能士/日商簿記検定2級

実践的な知識や経験を
得られる場所

目標

より深い知識を身につけることで、
自分のキャリアアップを目指す

コンサルタントは常にハイレベルな提案をしているので、その内容を少しでも深く理解し、資料作成に反映させていきたいと考えています。そのために目標としているのが、宅地建物取引士と1級ファイナンシャル・プランニング技能士の資格取得です。休日に少しでも時間をつくり、資格取得のための勉強を進めています。
今はアシスタントとしてのレベル向上が目標ですが、将来的にはアシスタントの中でもインサイドセールスのような営業的な立ち位置で仕事ができるようになりたいと考え、日々スキルアップを図っています。

入社前のキャリアと入社のきっかけ

資格が活かせる仕事を目指した学生時代

高校へ入学する時は、卒業後の進路として就職と大学進学の両方を検討していました。どちらを選択しても希望の進路を叶えられるのが高松商業高校。高校では毎日のように簿記の授業があり、在学中から簿記の知識を身につけ、日商簿記2級の資格を取得できたのは私にとって大きな財産となりました。
高校3年間で、大学で学びたいことや将来像も思い浮かばなかったので、就職することを選択しました。就職活動では高校の先生とも相談し「簿記が活かせる仕事を」ということで、みどり合同ホールディングスを紹介いただきました。簿記の資格を活かし実践的な知識や経験を高めていきたいという私の思いともマッチしていたので入社を決意。みどり財産コンサルタンツへと配属され、アシスタントとして勤務することになりました。
高松本社で2年半勤務したのち、東京支店への転勤が決まりました。最初は不安もありましたが、「若いうちに東京で仕事をする」という貴重な経験を与えてくれた会社には感謝しています。

みどり財産コンサルタンツでの仕事

お客様の立場に立った資料の作成

アシスタント業務は、コンサルタントがお客様にご提案する際の資料作成や情報収集が主な仕事です。その時に大切にしているのがお客様視点です。
例えばお客様がご高齢の方だった場合、文字の大きさ、表の見やすさなどに配慮して、どういった資料だったら見やすいのかを考えて資料を整えます。
また、最近力を入れているのが社内環境整備です。顧客情報の集積と管理等を主に担当しています。商談内容をはじめお客様が今何に投資されているのかということをポートフォリオ化することで、提案の質をさらに上げることができるのではないかと考えています。

仕事のやりがい

コンサルタントのサポーターとして成約に貢献する

コンサルタントは“契約”というゴールに向かうためだけの提案ではなく、お客様の抱えている課題にまで考えを巡らせ、未来のためのご提案をしています。
私自身がお客様との面談に立ち会うことは滅多にないのですが、お客様が提案に満足され契約に至った時はコンサルタントのサポーターとして嬉しく思います。

入社を希望される方へのメッセージ

アシスタント 川口 が考える、会社の強み

金融商品と税務を組み合わせたご提案が魅力

多種多様な金融商品の特性を理解し、金融商品と税務と組み合わせてご提案をできるところがみどり財産コンサルタンツの強みだと感じています。利益の一部を将来のために繰り延べるなど、お客様の会社の未来を見据えた対策は当社ならではの魅力だと考えています。

認識しておいた方がいいこと

固定概念にとらわれない業務で自分のレベルアップを図りたい

一口にアシスタントと言っても決まった業務はありません。私の他にもアシスタントはいますが、コンサルタントをサポートするという目的の中で異なる業務をしています。画一的な仕事ではないからこそ、自ら課題を見つけ、実践の中で自分をレベルアップさせていきたいと思う方に向いていると思います。

川口 春菜 は、こんなことに魅力を感じて
入社しました。

  • 資格が活かせる
  • やりたい仕事

お気に入りアイテム

ブルーライトカットメガネ。目が疲れにくく愛用しています。